トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TPP反対運動 自民党支持者・三橋支持者の本気度を問う

自民党支持者・三橋支持者に問う。

本気でTPPを阻止することに異論はない。

無党派・反TPP・反グローバリズムの立場から、自民党支持者・三橋支持者の本気度を問いたい。

まず事実の確認をしたい。


【事実の確認】


「TPPへのアプローチを始めたのは日本政府、米国政府から持ちかけられたわけではない。当時は自民党政権。」
http://sun.ap.teacup.com/souun/10201.html
『TPP舞台裏 実は・・・3年前から議論 本紙が秘密公電入手 米国の関与 明白』|日本農業新聞8月7日
http://www.twitlonger.com/show/dudd1v

2005年 5月・シンガポール、ニュージーランド、チリ、ブルネイがP4合意
2008年 3月・P4で「投資」「金融サービス」の議論が始まり、米国が参加
2008年 7月・主要国首脳会議、日米首脳会談が北海道洞爺湖で開催・モダリティー合意を目指すWTO閣僚交渉が決裂
2008年 9月・ブッシュ政権がTPP全ての分野で参加を表明
2008年11月・APECリマ閣僚会議で二階経産相が「TPPを進めるべきだ」と主張
2009年 1月・オバマ政権が発足
2009年 9月・民主、社民、国民新の3党連立内閣発足
2010年10月・菅首相が所信表明でTPP協議参加検討を表明

元々TPP推進の安倍・麻生がさもTPP反対であるかのネット情報が流布していたが、これは誤りだ。事務所に電話をしても確認できた。

上述したように麻生内閣二階経産相時にTPPに触れたのが最初だ。
日本からTPPの提案。
外務省 APECリマ閣僚会議(概要と評価)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/apec/2008/kaku_gh.html
「二階大臣より、現下の金融危機における地域経済統合の取組の確実な前進のため、CEPEA(東アジア包括的経済連携)、ASEAN+3、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)などの取組を同時並行で進めるべきことを主張したほか、知的財産権や基準認証等の貿易・投資の自由化以外の幅広い分野でも経済統合の推進に向けて知恵を出し合いたい旨発言した。」

安倍もTVで交渉参加賛成を明言している。
2012年2月25日放送『ウェークアップ』
TPP交渉参加に賛成する安倍晋三 
http://www.dailymotion.com/video/xy0rw7_tppyyyyyyyyyyyyy_news

超党派反TPP運動が野党時代は盛んだった。民主党反TPP派は国民に多くの情報を提供。自民党議員・支持者も反TPP世論形成に大いに貢献。

以下は重要な呼びかけであった。

「TPP交渉協議への参加表明」を11月12日からのAPECの場で日本政府は行うべきでないとする国会決議の実現に関する呼び掛け」
賛同者(交渉参加反対) http://www.nippon-dream.com/wp-content/uploads/0276d08477d74652828c08ec10e7eaff11.pdf

不賛同者 http://www.nippon-dream.com/wp-content/uploads/d1a639902bb4355c32cce10ed26c1ab41.pdf
※野党であるにも関わらず、不賛同者だった少数の自民党議員が現在推進の旗振り役を担っていることに注目を(安倍・麻生・甘利・菅・石破・小泉進次郎など)。これを見れば後の組閣の時点で方向性が明らかなことはわかる。



超党派の国会議員による反TPP運動が行われ、国民的な反対運動をめざし展開されていた。

例えば以下の運動は完全に党派の垣根を超えていた。
【2011.11.05】Tpp交渉参加に反対する街頭演説会
http://videolike.org/video/tpp%E4%BA%A4%E6%B8%89%E5%8F%82%E5%8A%A0%E3%81%AB%E5%8F%8D%E5%AF%BE%E3%81%99%E3%82%8B%E8%A1%97%E9%A0%AD%E6%BC%94%E8%AA%AC%E4%BC%9A
【2011.11.05】中野剛志氏 演説in有楽町【反TPP】
https://www.youtube.com/watch?v=fHz1dka-0u0
山田正彦(当時民主党)が中野剛志を呼んだと冒頭で語られている。

私もこの場にいたが、各弁士の素晴らしい演説に感銘を受けた。超党派で抵抗するというのはこのような運動のことである。(翻って現在の自民党反TPP派の先生方は、超党派で阻止しようという気概はどうであろうか?)

総裁選の安倍勝利にて一旦6条件は党見解としては白紙。つまり推進に一歩前進。推薦した三橋貴明・西田昌司らがいかにブレーキ役となるか注視された。

消火器としての役割を期待されたのである。

反TPP・反消費税増税論客として名をはせた自民党員・三橋貴明は安倍・麻生支持を鮮明に打ち出していた。
こんな嬉しいことはありません 2012-09-21
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11360199462.html
今読んでも激しいアジテーションであるが、この時すでに安倍・麻生はともにTPPも消費税増税も推進であった。

正しいことを繰り返し語ろう 2012-10-25
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11388121082.html
左翼・反日が「自民党=TPP・増税推進」のデマを流しているとアジテーション。

2012衆院選 TPP推進・消費税増税を明言。
安倍晋三
http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A35004001001
麻生太郎
http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A40008001001

TPP・増税阻止のために安倍を推した三橋貴明・西田昌司らの本気度が試されていた。

TPP これが自民党全議員の衆院選公約だ
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2013-03-04/2013030407_01_0.html
国民、特に地方はTPP反対を期待して自民党に投票した方が多かった。

2012年(平成24年)12月16日 衆院選で自民党勝利。12月26日第二次安倍内閣発足。
菅・甘利らをみればTPP推進シフトは鮮明。

また民間議員をみても新自由主義色は鮮明であった。
安倍政権の内実 東谷暁 日本農業新聞 2013年1月21日
http://kknagomi.blog.fc2.com/blog-entry-6.html

一方、この間において自民党がTPPを形骸化してくれる等の物語もこの間ネット都市伝説として流布。(この辺りのネット世論と事実の食い違いは、拙ブログ 口笛 売国奴に告ぐ! http://kknagomi.blog.fc2.com/blog-entry-10.html にも一部記録。)

この間WJF氏を筆頭に少数の方々が「ネット世論と現実の乖離」を問題視。
三橋貴明氏は何がしたいのか 2013年2月24日
http://wondrousjapanforever.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-41df.html

三橋貴明氏への公開質問状 2013年3月 4日
http://wondrousjapanforever.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-a3ab.html#comments



平成25年3月15日 TPP交渉参加表明


首相、TPPへ奔走…決断にのけぞった麻生氏 読売新聞 3月16日
http://www.asyura2.com/13/senkyo145/msg/272.html
「麻生氏は、TPPを国論を二分するやっかいな問題とみて、昨年、民主党の野田政権に片づけてもらおうと動いたことがある。衆院選の最中の12月、麻生氏は当時の野田首相に電話し、「TPPをやってくれ。それがあなたの最後の仕事だ」と迫った。『参加表明したら、私を支持してくれますか』と問い返す野田氏に、麻生氏は『選挙をやってるんだから、批判するに決まってるだろ』と素っ気なかった。結局、野田氏は参加表明を見送った。」

麻生は民主党にTPPの責任を全て負わせようとした、という記事。
麻生に近い三橋貴明との関連が注目される。


USTR 2013.4.12
TPPへ向けて:日本との協議事項報告 <仮訳>
http://twishort.com/yTidc

「12日に締結された日米協議合意は、私にとっては大変ショックでした。
自動車の関税はそのまま先方が了解するまで据え置き、且つ、関税・非関税ルールは米国の言いなりで関税撤廃をすることで、全ての品目をテーブルに乗せることに合意したのです。
こんな屈辱的な、一方的な『合意』は戦後最大!ミズーリ艦上降伏文書に等しいものではないでしょうか。」
https://www.facebook.com/masahiko.yamada.125/posts/320209281438917

遅まきながら三橋も厳しい状況を認めている。
交渉力 2013-04-13
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11510382168.html

この時点で猛反発すべきであったが、すでに超党派のTPP阻止運動は機能しなくなっていた。




【超党派のTPP阻止運動は何処へ】


反対運動が機能しなくなった原因のひとつに、自民党反TPP派の不甲斐なさがある。
TPP参加の即時撤回を求める会 公式ブログ
http://ameblo.jp/tpp-tekkai/
一度も即時撤回を求めないだけでなく、反対派に有益な情報を国民に伝えて世論喚起することもない状態。

さらにTPP反対の野党が弱いことがあげられる。これは前述したTPP反対で国会に行った自民党議員の件と表裏である。

繰り返しになるが、地方の反TPPの民意を自民党が吸収した状態。これを掲げ大量当選した自民党議員により、TPP推進派の安倍が首相になりTPP推進が加速したことは皮肉である。
TPP これが自民党全議員の衆院選公約だ
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2013-03-04/2013030407_01_0.html

地方のTPP反対の思いを背負った自民党議員の奮起が待たれる。

衆院選ではTPPをめぐり以下のような西川公也の恫喝があったのが象徴的。
「自民党を敵にして農業が大丈夫と思うか!」山形で自民党が恫喝 居座り強盗の本末転倒発言 山形では一斉離反
http://www.asyura2.com/13/senkyo148/msg/745.html
しかしTPP反対野党が機能しないのは、恫喝以前に、自民党支持を安易に続けたJAの責任も大きいことにも触れなければならないだろう。

またネット上ではTPPはまとまらないとする楽観的な見方があったり、さらに安倍自体がTPP推進に舵をきっているため、安倍を担いだ保守言論界・ネット世論がまとまらなくなり、反TPP運動自体が盛り上がらなくなっている点を指摘しておきたい。




【現在の状況】


TPPの現状に関しては、「日本自ら積極的に妥結に向かっている」点を踏まえることが必要である。

安倍首相はTPPを成長戦略の柱と位置付けている。
平成26年2月21日
TPPに関する主要閣僚会議
http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/actions/201402/21tpp.html
「TPPは『国家百年の計』であります。成長戦略の柱でもあります。」


一方、TPPは漂流するのではないかとの見方もある。しかしこれに対し釘を刺す論者もいる。

甘い「TPP交渉漂流」予測 米国選挙後に備えよ ジャーナリスト 東谷 暁 (2014/8/18)
http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=29340


【農業改革、その狙いと背景】農政・農協「改悪」の正体 鈴木宣弘・東京大学教授
http://www.jacom.or.jp/proposal/proposal/2014/proposal140804-25045.php

私も状況はTPP反対派にとって厳しいとみている。


平成26年9月3日 第2次安倍改造内閣発足
閣僚名簿
http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/meibo/index.html


西川農水相は自民党を推進方向にまとめている。
いよいよ「反対派鎮圧シフト」という感がある。

東谷暁氏が非常に興味深いことを言っていた。
https://www.youtube.com/watch?v=aC9U3-QFEqg
この動画の最初の方の
「セーフガードが日米の交渉事項になってる。これおかしくありませんか?」
ここに注目を。

これである。
TPP、日米なお溝 9~10月に集中協議
実務者協議終える
2014/8/7付 日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXDASDF06H0O_W4A800C1EE8000/
「今回の協議では、懸案の牛・豚肉について、輸入が急増した場合に、関税を元の水準に戻すセーフガードをどういった条件で発動するかを話し合った。」

実は林農水相は2013年4月頃にこんな発言をしている。非常に重要。
https://twitter.com/HEAT2009/status/320928867378417666
林農相「自民党は5品目などについての聖域確保で決議している。‥‥しかし、例外という言葉は意味が広く、例えば10年かけて徐々に関税をゼロにするという時に、『15年にする』のも例外になる。あるいは『除外』するとか『重要品目の扱いを後で再協議する』といったこともある」

先ほどの東谷暁氏の話「セーフガードが日米の交渉事項になってる」は、これがついにきた、ということを示唆している。

鈴木宣弘東大教授の2013年5月の発言。
「そのうち、10年間の関税撤廃猶予とセーフガードでコメを聖域化したと言い出すだろう」
http://togetter.com/li/502453

予想通りの酷い展開。聖域とは一体なんだったのか(もはや日本語の体をなしていない)。


いずれにせよ、反対世論の喚起が重要になる。日本が折れに折れて、積極的に妥結に向かって進んでいるのが実情。(※そのエクスキューズのための愛国ポーズでもあったのではないか。交渉で折れるために、殊更に愛国者ぶる必要があった、と)



またセーフガードの件は、山田正彦氏もカトラーに直接言われていた。
2013年7月14日
山田氏「4月末にUSTRのカトラー代表補とお会いしたときに、『聖域6項目を確保できるのですか?』と聞くと、『コメでもセーフガードか長期的にはゼロにしてもらう』とはっきり答えました」
http://sun.ap.teacup.com/souun/11484.html

以下の予見も一部反発はあったが実に鋭かった。JA上層部が現場農家を裏切ったという疑惑。また韓国との比較も興味深い。韓国はマスコミも抵抗していた。台湾の方もグローバリズムには学生をはじめ全力で戦っていたのは記憶に新しい。

山田氏「TPPに入ると、国家主権が損なわれる。しかし、韓国の農民は抵抗しました。デモで2人死んでいます。日本はどうか? 政権交代したとたん、JAもTPP反対の声を上げなくなった。条件闘争に入ったのではないか」

(それにしても、山田正彦氏のように与党時代に国民側に情報提供して超党派で戦ってた方が報われないとはつくづく日本も情けない。再評価されるべきだろう。)





【TPP阻止に向け 自民党支持者の方へ】



厳しい交渉の状況をお伝えしましたが、実際問題として、自民党は圧倒的多数与党であり、自民党の先生方・支持者の方々に率先して頑張ってもらわないといけないと思います。

TPP これが自民党全議員の衆院選公約だ
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2013-03-04/2013030407_01_0.html
国民、特に地方はTPP反対を期待して自民党に投票した方が多かった。

①TPP参加の即時撤回を求める会
http://ameblo.jp/tpp-tekkai/
の先生方にお願いをしてください。

「6条件が守れなければ国会で阻止する」との約束をお願いしてみてください。

②TPPを推進する安倍内閣は支持しない、との世論喚起をお願いします。

③安倍内閣支持であった反TPP言論人に、推進を許してしまった責任感をふるいおこしてもらい、「民主党政権時代以上の反TPP世論喚起、情報提供」をお願いしてみてください。

自民党支持者以外の運動では、自民党に与える影響は限られてしまうでしょう。推進したら次は絶対に入れない、という支持者からの圧力が必要です。

安倍首相には反TPP世論により衆院選に勝利し、総理になったという事実を忘れないでもらいたいです。

④自民党支持者が積極的に参加する反TPPデモ・街宣抗議。野党支持者も巻き込んで国民的な共闘の運動をしましょう。(国家を融解させるグローバリズムに対抗するには、党派を超えた国民的な運動は重要)

⑤各国TPP反対派と連携した情報共有、公開、世論喚起をお願いします。知れば誰でも反対するTPPに焦点をあてましょう。光を当てると死ぬので「ドラキュラ作戦」と言われています。

⑥TPP推進派への徹底した批判をしましょう。

⑦JAなどに関税交渉の状況(セーフガードの議論)を伝え、「6条件は守られない」と反対運動を呼びかけてみましょう。(自民党支持者なら6条件を突きつける共闘が可能なのではないでしょうか)

⑧マスコミに「TPP6条件で農家とネット世論の支持を得た」ことを伝え、反故にされている現在の状況(安倍首相による「Jファイルは公約ではない」発言もありました)、さらに米韓FTA後の韓国の状況などを伝えてみてはいかがでしょうか。

安倍首相のよりどころである支持率の低下も重要でしょう。消費税のほかに、TPPの状況も支持率に反映されてほしいものです。(実際にはほとんど忘れられているのが現状でしょう)



【落とし前】



私はTPP反対においては「国民的問題」さらに「各国1%対99%の問題」として、左右こだわらず協力して取り組んできました。

電凸、FAX、デモの主催、街宣抗議、シンポジウム、勉強会、さらに右の方にも左の方にも反TPPデモのコンセプト、シュプレヒコール案などのアドバイスなどをしてきました。本当にTPP反対を願っている方は、この運動が左右関係なく盛り上がってくるのを願っているのを知っています。

一方で、口先でTPP反対を装いながらも、結局は推進派を猛烈に推す方々に対し、非常な憤りを感じてきました。この点をネットで指摘する方が意外と少なく、いくつか記録させてもらっています。阻止の運動と併せて、後世までTPPを推進したのは誰なのか、語り継いでいく必要があるでしょう。



東田剛(=中野剛志氏)に対しこのようなコメントを書いたことがある。
東田剛氏へ
http://kknagomi.blog.fc2.com/blog-entry-16.html
「革命政権だとわかっていたのではないですか?
安倍を支持した保守言論人は完全に疑われているのですから
命がけで阻止してほしいです。」


【2011.11.05】中野剛志氏 演説in有楽町【反TPP】
https://www.youtube.com/watch?v=fHz1dka-0u0
最後
「国家百年の大計を誤るようなことがありますならば、現在の政治家は死してもその罪を滅ぼすことはできない!!!」

そう、死してもその罪を滅ぼすことはできない。

落とし前。言論人としての筋をどのように考えているのだろうか。安倍支持した方々が全力でTPP反対の先頭に立ってもらわないとしたら……後々まで語り継いでいかざるを得ないのは忍びない。
スポンサーサイト

転載について

本当は三橋貴明なんぞの詐欺師など、このブログで触れたくはなかった。

しかし後々の愛国詐欺の検証のために転載しておく。攻撃的な文体なのは、三橋支持者に直接対峙しているからと理解していただければと思う。

三橋貴明支持がヤバい理由を3分で説明してみる
http://kknagomi.blog.fc2.com/blog-entry-20.html

グループ愛国詐欺 三橋批判・批判は詐欺師の共犯
http://kknagomi.blog.fc2.com/blog-entry-19.html

三橋貴明のビフォーアフター
http://kknagomi.blog.fc2.com/blog-entry-23.html

上記の記事はアメブロの私の別のブログからの転載である。
二重思考を撃て
http://ameblo.jp/kknagomi/

私が三橋を巡る論争に参加(盛り上げた?)したのは、ポン吉氏(ポン吉のブログー反TPP宣言ー)のこちらの記事から。
三橋貴明の手法
http://ameblo.jp/ponkiti-2013/entry-11904259403.html
コメント欄で三橋を批判。三橋批判側に対し三橋支持者が猛反発。以降、他のブログも巻き込み論争となった。

ブログ記事やコメント欄が論争に関係した例をいくつかあげておく。

【三橋批判派】

ポン吉のブログー反TPP宣言ー

アンチポン吉(追記あり)
http://ameblo.jp/ponkiti-2013/entry-11906004920.html
何故、批判されているのかわからない
http://ameblo.jp/ponkiti-2013/entry-11906994566.html#cbox
三橋ブログの暗黙のルール&信者の特徴
http://ameblo.jp/ponkiti-2013/entry-11909007958.html
地下室の手記ーあるネトウヨの告白ー(ポン吉童話)
http://ameblo.jp/ponkiti-2013/entry-11909615836.html#cbox
分割して支配せよ!
http://ameblo.jp/ponkiti-2013/entry-11915279917.html#cbox
新自由主義こわい
http://ameblo.jp/ponkiti-2013/entry-11916628002.html



WJFプロジェクト

三橋貴明はなぜ歓喜の涙を流したのか
http://wondrousjapanforever.blog.fc2.com/blog-entry-395.html
三橋貴明の遅すぎる気づき
http://wondrousjapanforever.blog.fc2.com/blog-entry-406.html
三橋貴明を持ち上げる反安倍の人々
http://wondrousjapanforever.blog.fc2.com/blog-entry-409.html
三橋貴明: 言論界の佐村河内守
http://wondrousjapanforever.blog.fc2.com/blog-entry-417.html
三橋貴明の周りに群がる懲りない面々
http://wondrousjapanforever.blog.fc2.com/blog-entry-430.html
三橋信者は切り捨てよ
http://wondrousjapanforever.blog.fc2.com/blog-entry-432.html
三橋貴明はいつ詰むか(8)
http://wondrousjapanforever.blog.fc2.com/blog-entry-446.html
正しいことを繰り返し語ろう
http://wondrousjapanforever.blog.fc2.com/blog-entry-457.html
三橋貴明による嘘のカタログ
http://wondrousjapanforever.blog.fc2.com/blog-entry-458.html



【三橋批判・批判派(三橋支持者)】

壊国する馬鹿(安倍)を叩くブログ 正党
信者の定義
http://ameblo.jp/masato1982/entry-11904393810.html
ご指名ありがとうございます。WJFさん
http://ameblo.jp/masato1982/entry-11908498056.html
馬鹿に分かり易く説明しても理解できない
http://ameblo.jp/masato1982/entry-11909044554.html
頭が陰謀論に毒されてる馬鹿
http://ameblo.jp/masato1982/entry-11910051230.html
メンツだけ拘り過ぎる愚者(WJF)
http://ameblo.jp/masato1982/entry-11910858159.html
WJF・ポン吉氏の中で暗躍する左翼
http://ameblo.jp/masato1982/entry-11910966329.html
自分(WJF)の主張を人に押し付ける愚かさ
http://ameblo.jp/masato1982/entry-11911208353.html
WJFよ
http://ameblo.jp/masato1982/entry-11914736592.html
こんなバカを支持するのはやめた方が良い
http://ameblo.jp/masato1982/entry-11915733392.html
これが正体なのです!!
http://ameblo.jp/masato1982/entry-11916201841.html


「国家戦略特区」blog みぬさよりかず

三橋貴明の新陰謀論
http://ameblo.jp/minusa-yorikazu/entry-11909854602.html
WJFを救う会
http://ameblo.jp/minusa-yorikazu/entry-11911720403.html
三橋批判論
http://ameblo.jp/minusa-yorikazu/entry-11914097935.html
WJF対三橋代理戦争
http://ameblo.jp/minusa-yorikazu/entry-11918949565.html


secretary-of-japanのブログ

本気度が足りない。(絶望が足りない)
http://ameblo.jp/secretary-of-japan/entry-11916372971.html
続・本気度が足りない。(絶望が足りない)
http://ameblo.jp/secretary-of-japan/entry-11916713966.html
本日のコメント紹介
http://ameblo.jp/secretary-of-japan/entry-11917121123.html
続続・本気度が足りない。(絶望が足りない)
http://ameblo.jp/secretary-of-japan/entry-11917167482.html
UU1万人でできること
http://ameblo.jp/secretary-of-japan/entry-11920619732.html


三橋貴明ブログ 新世紀へのビッグブラザーへ
コメント欄

朝日新聞と自虐主義
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11917743432.html#cbox
人為的に引き起こされた不況
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11918259698.html#cbox
さようなら、トリクルダウン。ようこそ、トリクルアップ
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11918764998.html#cbox
実質賃金の引き上げ方
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry2-11919253819.html#cbox


他のところですでに述べているが、三橋批判・批判はすでに論理的に詰んでいる。あとはレッテル貼りをしながら「ミスリード容認派」の本質を逸らしながら逃げていくだけしか手は残っていない。

なにしろ三橋支持者は、批判派側が提示したミスリードの検証を「しようともしない」のだ。

この論争を通じて三橋貴明の詐欺的行いがいかに総括されていないかを痛感し、警告のためにアメブロに書いた記事を転載した。アメブロに書いたのは三橋支持者に突きつける目的であり、本ブログと文体が若干違うのはターゲット層が違うためである。

三橋貴明支持がヤバい理由を3分で説明してみる
http://ameblo.jp/kknagomi/entry-11913028244.html
グループ愛国詐欺 三橋批判・批判は詐欺師の共犯
http://ameblo.jp/kknagomi/entry-11912853262.html
三橋貴明のビフォーアフター
http://ameblo.jp/kknagomi/entry-11920642344.html



安倍を神のように祭り上げた自称愛国保守言論人とその取り巻きの振る舞いは、日本的な感性・美意識からすれば極めて醜いものであった。

本来は触れたくもない話だが、売国・壊国の記録の一環として残しておく。




三橋貴明のビフォーアフター

( ˘⊖˘) 。o( 元々はこうだった。。。)



平成18年9月26日
安倍晋三「まず初めに、はっきりと申し上げておきたいことは、5年間小泉総理が進めてまいりました構造改革を私もしっかりと引き継ぎ、この構造改革を行ってまいります。構造改革はしばらく休んだ方がいい、あるいは大きく修正をした方がいいという声もあります。私は、この構造改革をむしろ加速させ、そして補強していきたいと考えております。」
http://www.kantei.go.jp/jp/abespeech/2006/09/26press.html


2012年2月25日放送『ウェークアップ』
TPP交渉参加に賛成する安倍晋三
http://www.dailymotion.com/video/xy0rw7_tppyyyyyyyyyyyyy_news


「TPPへのアプローチを始めたのは日本政府、米国政府から持ちかけられたわけではない。当時は自民党政権。」麻生内閣時。
http://sun.ap.teacup.com/souun/10201.html

外務省 APECリマ閣僚会議(概要と評価)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/apec/2008/kaku_gh.html
「二階大臣より、現下の金融危機における地域経済統合の取組の確実な前進のため、CEPEA(東アジア包括的経済連携)、ASEAN+3、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)などの取組を同時並行で進めるべきことを主張したほか、知的財産権や基準認証等の貿易・投資の自由化以外の幅広い分野でも経済統合の推進に向けて知恵を出し合いたい旨発言した。」





( ˘⊖˘) 。o(どうしてこの政治家たちがTPP反対とか消費税増税反対のように言われたのだろうか。。。 )






【before】
こんな嬉しいことはありません 2012-09-21
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11360199462.html

魚拓
http://megalodon.jp/2014-0902-1337-14/ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11360199462.html

「上の写真、安倍晋三元総理の「右側」で、「誰か」が総理の「左手」をしっかりと握りしめ、高々と掲げているように見えたのは、きっとわたくしの目から汗が零れ落ちているためでしょう。」



( ˘⊖˘) 。o(麻生と安倍で涙を流すとは)




正しいことを繰り返し語ろう 2012-10-25
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11388121082.html

魚拓
http://megalodon.jp/2014-0902-0856-28/ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11388121082.html

『地方講演と言えば、地方を回ると自民党や安倍総裁について、今でも「構造改革主義者」「増税主義者」と誤解されている方が意外に多いことに気が付きます(特に、自民党員)。』




( ˘⊖˘) 。o(誤解じゃなかったのに。。。)




『ネットなどでは安倍総裁や自民党が「増税」「TPP推進」と決めつけた書き込みをする人が後を絶ちません。ここまでしつこいと、一部の大手メディア同様に「自民党はTPPと増税推進だ」という既成事実化を図っているか、もしくは自民党の支持率を押し下げるためにやっているとしか思えないわけです。(あるいは双方かも知れませんが)

 特に、メディアが上記二つの「反対」を率先して報道しようとはしませんので(渋々、という感じで報じます)、地方の方々の誤解が解けないのも無理もない話です。

 この種の情報操作に対抗するには、こちらも「正しいこと」を繰り返し、繰り返し、語っていく必要があります。田母神さんが左翼の方々について仰っていらっしゃいましたが、
「彼らの思想信条には全く賛成できない。しかし、彼らのあのしつこさ、粘り強さは尊敬に値する」
 という話でございます。実際、左翼というか「反日」な人たちの粘り強さは、まさに驚異的です。そういう意味で、ネットで繰り返し「自民党は増税推進」「自民党はTPP推進」というデマゴーグが語られるのも、当然なのかも知れません。やっているのが「彼ら」ならば。

 というわけで、こちらはデマではなく「正しいこと」をしつこく、繰り返し語っていく必要があるわけです。自慢ですが、わたくしはこの種の「繰り返し、しつこく正しいことを語る」を得意にしておりまして、しかも毎回エッセンスや切り口を変えることで、情報の受け手を飽きさせない工夫を凝らすように心掛けております(一応、これでも頑張っております)。』





( ˘⊖˘) 。o(自民党への増税・TPP批判は左翼・反日認定。。。)





2012 衆院選

安倍晋三 TPP推進 消費税増税推進
http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A35004001001

問4:(消費税)社会保障財源にあてるため、消費税を2014年4月に8%、2015年10月に10%まで引き上げる法律が成立しました。この法律への考え方で近いものを一つ選んで下さい。
回答:1. 法律通りに引き上げるべきだ

麻生太郎 TPP推進 消費税増税推進
http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A40008001001

問4:(消費税)社会保障財源にあてるため、消費税を2014年4月に8%、2015年10月に10%まで引き上げる法律が成立しました。この法律への考え方で近いものを一つ選んで下さい。
回答:1. 法律通りに引き上げるべきだ





( ˘⊖˘) 。o(誰がどうみても消費税増税賛成・TPP賛成だが。。。)







乱舞する日の丸のもとで
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11428064712.html

『特に、麻生元総理、安倍総理が強調されている「経済政策」についてご注目下さい。結局、まともな経済政策を主張し続けたのは、自由民主党だけでした。

 本日、日本、そして世界の運命が決まります。
 さあ、選挙に行こう!』


衆院選勝利

2012年(平成24年)12月26日 第二次安倍内閣成立






【after】

人為的に引き起こされた不況 2014-09-01
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11918259698.html

魚拓
http://megalodon.jp/2014-0902-0857-31/ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11918259698.html

『まさしく、現在の日本の状況は「人為的に引き起こされた不況」としか表現のしようがありません。そして、この「人為的な不況」を引き起こしたのは、まぎれもなく「安倍晋三内閣」なのです。
 安倍総理は、野党時代に民主党の外務大臣に、
「政治は結果責任なんです」
 と、見事なタンカを切っていらっしゃいました。人為的に不況を引き起こし、いかなる結果責任をとられるのか、注目させて頂きます。』





百万年遅え ( ゚д゚)、ペッ



誰がこれを言ってたんだよ。。。
↓↓↓↓↓

『ネットなどでは安倍総裁や自民党が「増税」「TPP推進」と決めつけた書き込みをする人が後を絶ちません。ここまでしつこいと、一部の大手メディア同様に「自民党はTPPと増税推進だ」という既成事実化を図っているか、もしくは自民党の支持率を押し下げるためにやっているとしか思えないわけです。(あるいは双方かも知れませんが)

 特に、メディアが上記二つの「反対」を率先して報道しようとはしませんので(渋々、という感じで報じます)、地方の方々の誤解が解けないのも無理もない話です。

 この種の情報操作に対抗するには、こちらも「正しいこと」を繰り返し、繰り返し、語っていく必要があります。田母神さんが左翼の方々について仰っていらっしゃいましたが、
「彼らの思想信条には全く賛成できない。しかし、彼らのあのしつこさ、粘り強さは尊敬に値する」
 という話でございます。実際、左翼というか「反日」な人たちの粘り強さは、まさに驚異的です。そういう意味で、ネットで繰り返し「自民党は増税推進」「自民党はTPP推進」というデマゴーグが語られるのも、当然なのかも知れません。やっているのが「彼ら」ならば。』

正しいことを繰り返し語ろう 2012-10-25
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11388121082.html

魚拓
http://megalodon.jp/2014-0902-0856-28/ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11388121082.html






売国奴に告ぐ!
http://www.amazon.co.jp/dp/4198633592/
「TPP、増税、規制緩和…『改革』で日本を滅ぼす者たちの正体を暴く!」

上の帯。「元々全部入り」の奴を涙を流して推してたのは誰だよ。

なんで三橋のその部分を批判すると、猛烈にかばう奴が出てくるんだよ。



( ゚д゚)、ペッ お前らが売国奴そのものだろうが。







「当人のブログ『新世紀のビッグブラザーへ』の一日のアクセスユーザー数は12万人を超え、
推定ユーザー数は36万人に達している。
2014年5月現在、人気ブログランキングの「政治部門」1位、
総合ランキング1位(参加ブログ総数は約100万件)である。

単行本執筆と同時に、雑誌への連載・寄稿、各種メディアへの出演、全国各地での講演などに活躍している。」
http://keiseiron-kenkyujo.jp/profile/





おまけ



"彼ら"は全部、知っていた!?
http://ameblo.jp/ponkiti-2013/entry-11893857704.html#cbox


WJF氏が嘘をまとめてくださってますね。
三橋貴明による嘘のカタログ
http://wondrousjapanforever.blog.fc2.com/blog-entry-458.html



誤誘導の件、色々三橋信者に問うたけど。
だ~れもまともに反論できないでやんの。

あいつらサクラなんじゃねえの(笑)

グループ愛国詐欺 三橋批判・批判は詐欺師の共犯 

【三橋批判派を攻撃する三橋信者は詰んでいる】



カンタンにまとめました。

☆「①正確な情報・興味深い見解 ⇒ ②誤誘導」
の「流れ」を批判している私を含む三橋批判派。

★三橋批判・批判側(三橋支持者・三橋信者)は①に関し、
「①正確な情報・興味深い見解」にのみ(あえて)焦点を当て
三橋は正しい だの
三橋は無害 だの
三橋は味方 だの
そんな言葉で三橋批判派の批判を封じる場合が多い。

☆三橋批判派は「①⇒②」の流れを詐欺のパターンとしてトータルで批判。

★三橋批判・批判派は②に関し
「②誤誘導 をしたら、その後批判すればよい」
「②誤誘導 の批判は①を潰すことと同じ」
(例:反安倍、反TPP、、反消費税増税、反移民、デフレ脱却)」
「今、②の批判をすべきか?(緊急性の問題提起)」
と主張することが多い。

★「わざとミスリードしてるのではない。単に連戦連敗なだけ。彼は政治的に戦っているのだ。三橋を支持せよ」という三橋支持者もいる。

☆「わざとミスリードしてるのではない。単に連戦連敗なだけ。彼は政治的に戦っているのだ。三橋を支持せよ」は「わざとミスリードしてるのではない。単に連戦連敗なだけ。彼は政治的に戦っているのだ。安倍を支持せよ」と相似形の主張である。

「騙される人というのは何度も同じ手口で騙されるからです。」
三橋貴明の手法
http://ameblo.jp/ponkiti-2013/entry-11904259403.html

またミスリードではないという主張は最早証拠にとぼしい。
三橋貴明: 言論界の佐村河内守
http://wondrousjapanforever.blog.fc2.com/blog-entry-417.html

売国奴に告ぐ!
http://kknagomi.blog.fc2.com/blog-entry-10.html


☆①のみにフォーカスして②を無視あるいは極端に軽視するという「三橋批判・批判側の主張は②の誤誘導の加担である」というのが三橋批判側の主張である。



喩えてみましょう。

例)結婚詐欺
「①信頼を得るような行動 ⇒ ②誤誘導&トンズラ」

詐欺を批判する人は
「①⇒②」の流れをトータルで批判。

一方で詐欺師は①を強調。
②については「考えさせない」



つまり……
☆①が上手ければ上手いほど②は成功する。
従って②を考えさせない者・②の警告を無視させる者
は「詐欺師か、詐欺師の共犯者」である可能性がある。

騙すターゲットに信頼される共犯者が多ければ、②の成功可能性が高まる(サクラ作戦)。

これは三橋貴明や周囲の面々にもあてはまる、というのが「三橋批判側が三橋支持者をも徹底批判する理由」である。



☆『確認しますが、
「私達」が望むのは
「ミスリードしない三橋」
「三橋のミスリードに乗らない日本国民」
で共通しているはずですよね。』

こんな質問に答えられない三橋支持者はミスリードの共犯者である。
ミスリードして売国奴に誘導した
「詐欺の共犯者」「売国奴そのもの」と断じてよい。

☆ミスリードというのは「止めるべきもの」という価値判断を内包する。
「止めるべきでないミスリード」などというのは日本語の意味をなさない。

論理的に追っていけば、詐欺師は逃げていく。


★「①正確な情報・興味深い見解 ⇒ ②誤誘導」の流れを突きつけられると

1)批判側をレッテル貼りで罵倒
2)あくまで①にのみ焦点をあててとぼける
3)論点のすりかえ
4)批判側を懐柔

そして ②まで時間を稼ぐのが詐欺師の手口。



☆インチキ健康食品などならクーリングオフもあるだろうが、政治や投票行動にそんなものはない。健康食品なら健康被害程度だが、おかしい政策は死人が出る。騙した側はごまかして逃げ切るハラ。騙された側が学ばない限り繰り返されるだろう。



☆「①正確な情報・興味深い見解 ⇒ ②誤誘導」の流れ全体が詐欺のコースなのだ。

「①にのみ焦点をあてて②を無視することの危険性」は明らかである。


☆三橋批判・批判側(三橋支持者・三橋信者)はすでに論理的に一刀両断されているのだが、

1)批判側をレッテル貼りで罵倒
2)あくまで①にのみ焦点をあててとぼける
3)論点のすりかえ
4)批判側を懐柔

以上を繰り返すのみで、現状は正面からの②誤誘導の検証・批判から逃げまくっている。

これはとりもなおさず、彼らが論破されてることを意識していることを示している。

論破されてないのなら正面から誤誘導について検証し、誤誘導に対し警告をするものだ。

前述したように、

ミスリードというのは「止めるべきもの」という価値判断を内包する。
「止めるべきでないミスリード」などというのは日本語の意味をなさない。


☆三橋批判を潰そうとする者は、売国の共犯である。



☆三橋貴明への批判、三橋支持者への批判自体が、なぜ安倍のような者をさも「愛国保守」「消費税増税反対」「TPP反対」であるかのようなネット上の「伝説」が流布したかの検証を含むものであることを再度確認していただきたい。










【死してもその罪を滅ぼすことはできない】


後世の参考に残しておく。
三橋貴明 新世紀へのビッグブラザーへ


正しいことを繰り返し語ろう 2012-10-25
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11388121082.html

魚拓
http://megalodon.jp/2014-0902-0856-28/ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11388121082.html



~~~~~~~~~~~~~~~~~

(以下引用)

 さて、地方講演と言えば、地方を回ると自民党や安倍総裁について、今でも「構造改革主義者」「増税主義者」と誤解されている方が意外に多いことに気が付きます(特に、自民党員)。無論、前回の安倍政権は小泉政権の後継として、構造改革を継続していたわけですから、無理もないと言えば無理もないのです。

 とはいえ、安倍総裁はTPPや増税について、何度も以下の通り説明をしています。


『TPPめぐり真っ向対立 野田首相と安倍総裁 JAグループ全国大会に出席
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121011/plc12101121260018-n1.htm
 野田佳彦首相と自民党の安倍晋三総裁は11日、全国農業協同組合中央会(JA全中)などJAグループが都内で開いた全国大会にそろって出席し、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)をめぐり真っ向から対立した。
 首相は「現在の豊かさを次世代に引き継いでいくため、アジア太平洋地域の成長力を取り入れていかなければならない」とした上で、「TPPを日中韓FTA(自由貿易協定)などと同時並行で推進していきたい」と交渉参加への意欲を改めて示した。
 これに対して、安倍氏は「自由な貿易活動は日本にとって必要だ」としながらも、「聖域なき関税撤廃を要求されるのであれば、TPPを締結することはあり得ない」と述べた。(後略)』


『デフレ脱却・経済成長へ、日銀と関係見直し 自民総裁
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS15042_V11C12A0PP8000/
 自民党の安倍晋三総裁は15日の日本経済新聞のインタビューで、次期衆院選のマニフェスト(政権公約)に関して「デフレ脱却、円高の是正、経済成長、外交立て直し」を重要政策にすると表明した。次期衆院選で自民党が政権に返り咲き、安倍氏が首相に就任した場合に取り組む経済政策も明らかにした。(中略)
 消費増税をめぐっては「足元の経済の状況も大切だ。来年10月ごろに同4~6月期の指標をみて判断すると思う」と語った。具体的な基準には言及しなかったものの、デフレ脱却などが不十分な場合は、2014年4月からの8%への増税を見送る考えを示唆した。(後略)』

 くどいですが、安倍総裁の消費税増税に対するスタイルは、法律(附則十八条)に則っているわけです。現時点で「問答無用で増税」などと主張している人がいたら、その人は法律を読んでいないか、増税という結論を変えずに強引な「解釈」をしていることになります。

 また、TPPに関する、
「聖域なき関税撤廃を要求されるのであれば、TPPを締結することはあり得ない」 
 は、これまたTPPに関する自民党の決定事項そのままです。

 すなわち、安倍総裁は普通に「法律」や「党の結論」に基づき、「聖域なき関税撤廃を前提とするTPP」や「デフレ脱却前の増税」に反対しているわけです。これ以上「普通」のことは無いと思えるわけです。

 それにも関わらず、ネットなどでは安倍総裁や自民党が「増税」「TPP推進」と決めつけた書き込みをする人が後を絶ちません。ここまでしつこいと、一部の大手メディア同様に「自民党はTPPと増税推進だ」という既成事実化を図っているか、もしくは自民党の支持率を押し下げるためにやっているとしか思えないわけです。(あるいは双方かも知れませんが)

 特に、メディアが上記二つの「反対」を率先して報道しようとはしませんので(渋々、という感じで報じます)、地方の方々の誤解が解けないのも無理もない話です。

 この種の情報操作に対抗するには、こちらも「正しいこと」を繰り返し、繰り返し、語っていく必要があります。田母神さんが左翼の方々について仰っていらっしゃいましたが、
「彼らの思想信条には全く賛成できない。しかし、彼らのあのしつこさ、粘り強さは尊敬に値する」
 という話でございます。実際、左翼というか「反日」な人たちの粘り強さは、まさに驚異的です。そういう意味で、ネットで繰り返し「自民党は増税推進」「自民党はTPP推進」というデマゴーグが語られるのも、当然なのかも知れません。やっているのが「彼ら」ならば。

 というわけで、こちらはデマではなく「正しいこと」をしつこく、繰り返し語っていく必要があるわけです。自慢ですが、わたくしはこの種の「繰り返し、しつこく正しいことを語る」を得意にしておりまして、しかも毎回エッセンスや切り口を変えることで、情報の受け手を飽きさせない工夫を凝らすように心掛けております(一応、これでも頑張っております)。



~~~~~~~~~~~~~~~~



さて、デマを繰り返し語っていたのは誰だったのであろうか?答えは明白であろう。

さらに付け加えるとすると、今の三橋支持者のなかにデマの確信犯的共犯者がいる。上念やKAZUYA CHANNELなどを批判するのは「プロレス」にすぎない。

こちらの拙ブログ記事をご参考にしていただければと思う。
「保守詐欺」の2ステップマーケティング
http://kknagomi.blog.fc2.com/blog-entry-18.html
信条に反してでも一致して推薦という事実は、政治的背景が共通していることを示唆しているのだ。

三橋貴明は赤池まさあきに関し
三橋貴明 三橋貴明は赤池まさあき先生を支持します http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11557855448.html

魚拓
http://megalodon.jp/2014-0905-0816-19/ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11557855448.html
「完璧に『経済』『経世済民』を理解している自民党の政治家が、赤池まさあき先生です。」


「完璧に『経済』『経世済民』を理解している」という言葉に注目を。三橋による太鼓判である。

同様に安倍や麻生に対しても同様に、「経済を正しく理解している」と何度もブログで語ってきた。熱狂的な安倍・麻生支持世論の喚起に努めてきた。

三橋は彼らに騙されたのだろうか?否、三橋が我々を騙しているのである。その証拠にTPPでも消費税増税でもマスコミの飛ばしといって批判を逸らしてきたのが事実だ。

売国奴に告ぐ!という彼の著作があるが、この帯の「TPP、増税、規制緩和……「改革」で日本を滅ぼす者の正体を暴く」という言葉になぞらえて言えば、彼(ら)こそ日本を滅ぼす者なのだ。



さて9月3日に内閣改造が行われた。

第2次安倍改造内閣 閣僚名簿
http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/meibo/index.html

構造改革ウオッチャーなら一目で最悪路線とわかる人事である。覚悟しなければならないだろう。

三橋は自分の蒔いた種をどう刈り取るのか。いつでも「間に合わないように批判」して逃げ続ける三橋である。

TPPを率先して妥結に向かわせているのは日本だ。西川農水相の人事はそのことを物語っている。

忘れてはいけない事実がある。三橋は「TPP=民主党のせい」と宣伝してきたが、TPPは元々日本からアプローチしたのは麻生内閣時である。

「TPPへのアプローチを始めたのは日本政府、米国政府から持ちかけられたわけではない。当時は自民党政権。」
http://sun.ap.teacup.com/souun/10201.html
『TPP舞台裏 実は・・・3年前から議論 本紙が秘密公電入手 米国の関与 明白』|日本農業新聞8月7日
http://www.twitlonger.com/show/dudd1v

外務省 APECリマ閣僚会議(概要と評価)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/apec/2008/kaku_gh.html
「二階大臣より、現下の金融危機における地域経済統合の取組の確実な前進のため、CEPEA(東アジア包括的経済連携)、ASEAN+3、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)などの取組を同時並行で進めるべきことを主張したほか、知的財産権や基準認証等の貿易・投資の自由化以外の幅広い分野でも経済統合の推進に向けて知恵を出し合いたい旨発言した。」


そして麻生は元々TPP推進派。(安倍もそうである)

以下のような記事があったのを覚えているだろうか?twitterなど一部で話題になった記事である。元のリンクが切れているので記事のコピーであるが、図書館に行けば確認できる新聞記事。

首相、TPPへ奔走…決断にのけぞった麻生氏:たわいもない政局話だが一つの情報として
首相、TPPへ奔走…決断にのけぞった麻生氏 読売新聞 3月16日(土)
http://www.asyura2.com/13/senkyo145/msg/272.html

麻生太郎「(TPPは)決まったらやる、それが保守だ」などと意味不明な供述
「決まったらやる、それが保守だ」麻生副総理、自民党TPP参加で呼びかけ2013.3.14 産経新聞
http://newskenm.blog.fc2.com/?no=8056&pc




果たして騙したのは誰だろうか?

売国奴に告ぐ!で語られている「売国奴」とは誰だったのだろうか。



共著者・中野剛志の言葉を引用したい。
【2011.11.05】中野剛志氏 演説in有楽町【反TPP】
https://www.youtube.com/watch?v=fHz1dka-0u0
最後
「国家百年の大計を誤るようなことがありますならば、現在の政治家は死してもその罪を滅ぼすことはできない!!!」



そう、死してもその罪を滅ぼすことはできないのだ。

三橋貴明支持がヤバい理由を3分で説明してみる

【 真逆に誘導する常習犯 】


まず反構造改革・反グローバリズム・反消費税増税を謳う三橋貴明が
「自らが主張していることと真逆の政治家を推してきた事実」
を確認してみましょう。

三橋貴明の手法
http://ameblo.jp/ponkiti-2013/entry-11904259403.html

※「三橋貴明=ミスリード率100%」「三橋の推薦=死亡フラグ」の認識は広まっている。



【 ①懐柔⇒②誤誘導 はセットである 】


最重要ポイントは「①正しい情報・興味深い見解 ⇒ ②誤誘導」という「一連の流れ」にある。

つまり①正しい情報・興味深い見解 を強調すればするほど②誤誘導 が成功する という関係。

「①⇒②」の流れを踏まえない三橋評価は誤誘導に間接的に加担する結果となる。

例)各種詐欺。
◎情報が正しければ正しいほど
◎感情の共有が密なほど
   ↓↓↓
詐欺が成功する確率は上昇する。

このように「①懐柔⇒②誤誘導」はセットなのである。


【 誤誘導共犯装置としての「三橋支持者」 】


さて②を軽視ないし無視する「三橋支持者」というのが存在する。

彼らは②の批判を封殺させて①のみを強調する点で、誤誘導に加担している。


すなわち②の誤誘導への評価と対応策がない限り、①を強調する人々はさらなる誤誘導の連鎖をひきおこす  誤誘導共犯装置  として機能する。




チーーーーン♪ 〈3分経過〉



終了。





以下、補足。



(質問)三橋支持者のなかで②を無視するもの、ないし軽視するものがいるのはなぜ?

(答え)彼らは
A)誤誘導の確信犯(詐欺の共犯者系)
B)なんどミスリードされても学ばない人(信じやすいお人よし系・馬鹿系)
です。

両方いますので観察してみましょう。

②を批判する人に猛烈にかみついている人は
A)詐欺の共犯者系
の疑いがあります。

なぜなら②の批判は①を実現する可能性が高まるから、その阻害は「元々三橋の誤誘導を容認する立場」とみてよいでしょう。しかしB)お人よし系・馬鹿系も混在している可能性はあります。


彼らにこう聞いてみてはどうでしょうか。

『確認しますが、
「私達」が望むのは
「ミスリードしない三橋」
「三橋のミスリードに乗らない日本国民」
で共通しているはずですよね。』


この質問から建設的な対話が生まれるかもしれませんし、無視されるかもしれません(笑)







(質問)三橋支持者に限って「三橋批判は三橋ブログでやれ」というのはなぜ?

(答え)そんなのこっちの勝手でしょうにね。

ポイントはそういう連中が②の批判を時系列を踏まえ正面から論破しようとしたことが一回もないこと。逃げてるのは三橋支持者なのです。

個人的には気が向いたら三橋ブログに書き込んでみてもいいかなとは思いますが、①の「エサやり」の時に乗り込んでも意味不明でしょうから、こうして「①⇒②」の流れをまずお伝えしているわけです。

しだいに周りから取り囲んで馬鹿にしてやればいいのではないのでしょうか。実際には三橋貴明支持者の信用は誤誘導を看過するため落ちています。







(質問)三橋支持者が三橋批判側を「WJF信者」と呼んでいるのはなぜ?

(答え)WJFプロジェクトというブログでは早くから三橋貴明批判を積極的に行っていました。えぐい事実を刻々と記録し続けており、三橋支持者から煙たがられ、彼らにとっては半ばタブーのブログのようです(笑)

興味深い記事が多いのでご覧ください。

例えば
三橋貴明はなぜ歓喜の涙を流したのか
http://wondrousjapanforever.blog.fc2.com/blog-entry-395.html

これに関し正面から反論した三橋支持者を一人もみたことはありません。

図星だからです。



もっとも、三橋が嘘をついている事実は今やすでに多くの方に指摘されています。

一方、三橋支持者は「三橋批判はWJF氏周辺が言っているだけ」のことと矮小化し、WJF氏のレッテル貼りにのみ躍起になっています。


私が 2014-08-15 にポン吉氏のブログで指摘した展開どおりになっています。

三橋ブログの暗黙のルール&信者の特徴
コメント32
~~~~~~~~~~~~~~~~~
(引用)
「詐欺師でなかったら相当な馬鹿」
だと考えています。

ただし私はいくつかの発言内容から
「詐欺師」の確率が高いとみています。

彼らの論理を確認していきたいところ。
詐欺師ではないと信じたい(棒)

すでに支離滅裂。論理的には破綻状態で詰んでます。

あとはキレ気味で人格攻撃・レッテル貼りしか残っていないので「三橋ミスリード容認派」の本質を逸らしながらWJFさんに食いつかざるを得ない状態とみます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~
http://ameblo.jp/ponkiti-2013/entry-11909007958.html#cbox

三橋ミスリード容認派の本質を逸らしながら、ミスリード問題自体をWJF氏の話に矮小化・誤誘導しているのです。



他の方でも「①⇒②」の流れを批判している件ですが、参考までにいくつか例をあげます。

前述した
三橋貴明の手法 ポン吉のブログー反TPP宣言ー
http://ameblo.jp/ponkiti-2013/entry-11904259403.html
※淡々と事実を述べただけでも三橋支持者がコメ欄で大暴れ。
影法師《アベ不支持会員No.3》という方は「進撃の庶民」というのをされている方です。
三橋信者を自称されており三橋支持者の意見の参考になります。


なにゆえ安倍晋三は三橋貴明に出馬を打診するのか 
http://mamorenihon.wordpress.com/2013/10/13/%E3%81%AA%E3%81%AB%E3%82%86%E3%81%88%E5%AE%89%E5%80%8D%E6%99%8B%E4%B8%89%E3%81%AF%E4%B8%89%E6%A9%8B%E8%B2%B4%E6%98%8E%E3%81%AB%E5%87%BA%E9%A6%AC%E3%82%92%E6%89%93%E8%A8%BA%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%AE/

三橋貴明さんは安倍語録を紹介しないの?(笑)
http://mamorenihon.wordpress.com/2013/08/15/%E4%B8%89%E6%A9%8B%E8%B2%B4%E6%98%8E%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AF%E5%AE%89%E5%80%8D%E8%AA%9E%E9%8C%B2%E3%82%92%E7%B4%B9%E4%BB%8B%E3%81%97%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%AE%EF%BC%9F%EF%BC%88%E7%AC%91%EF%BC%89/
※リンクも必見。

三橋氏の安倍内閣擁護に関する考察 @SeriousTom
http://togetter.com/li/519396
※twitter民も強烈です(笑)

三橋貴明の洗脳ループ ほげほげ
http://www.nicovideo.jp/watch/sm24259753

よしふる・り~ふれっと・三橋貴明と信者など よしふる
http://www.nicovideo.jp/watch/1408205165

「嘘つき・バカ連合軍」対「正直者」の戦い 狂騒のパジェント
http://pagent.seesaa.net/article/401309396.html

また私の別のブログでは時系列を追って三橋らのTPP集団詐欺を批判しています。
売国奴に告ぐ! 口笛
http://kknagomi.blog.fc2.com/blog-entry-10.html
※ネット限定のデマを確認するのに電凸での確認は有効。

「三橋貴明 詐欺」で検索するといろいろ出てきます。

三橋支持者に「三橋批判=WJF」とすり替えられがちですが、先ほど述べたように三橋貴明の詐欺(①⇒②パターン)については多くの方が指摘しているのが現状です。

そんな中でも鋭い三橋貴明批判を行ってきたWJFプロジェクト氏は、予見の正確性と、所謂保守層への影響力が大きさのため、三橋支持者に恨まれていますようです(笑)。

私からすると、WJF氏が丹念に描いた「愛国詐欺・保守詐欺の記録」は、後々まで語り継がれるべき内容を多く含んでいると高く評価しています。


日本より三橋が大事な三橋支持者にとっては「WJF氏やその読者=異端・カルト・変わり者・偏屈」であると印象づけたいのでしょうね。そして三橋批判自体をWJF氏の存在とともにうやむやにしたいように見えることが多いです。「三橋貴明&三橋支持者=ミスリード容認の詐欺常習犯」という本質から目を逸らしひたすらレッテル貼りで逃げています。

しかし告発する人が多かろうが少なかろうが、「詐欺は詐欺である」という事実(「①⇒②パターン」)には何ら関係がないことを忘れてはなりません。

「反論するなら詐欺ではないことを論証すればいいだけ」なのに、三橋批判派へのレッテル貼りに血道を上げる人が多くて不思議です。

今回の記事冒頭で述べたように、論理的思考能力があるなら3分で終わる話なのですが、何かお困りなんでしょうね。




(質問)三橋貴明は安倍に騙されたのではないか?

(答え)「騙された」という言葉から「誤りであった」と認識されているのですね。

誤りであったという場合
A)三橋貴明が安倍に騙された のほかに B)あなたが三橋に騙された という場合もあり得ることに注意してください。

「時系列を追った事実の確認の検証」がこの場合の論争の土俵になります。この件に関してはここ以外に土俵はありません。

WJF氏・ポン吉氏、その他さまざまな論者が論じていますのでまずは「事実の確認」からはじめてください。三橋支持者による「三橋貴明の本心は~だ!」というのは「安倍さんの本心は~だ!」と同じくらい役に立たない情報です(笑)

普通の理解力があればこれを読んでわかると思います。

三橋貴明の手法
http://ameblo.jp/ponkiti-2013/entry-11904259403.html

地下室の手記ーあるネトウヨの告白ー(ポン吉童話)
http://ameblo.jp/ponkiti-2013/entry-11909615836.html

安倍総理が安倍信者を完全論破したようです(改訂版)
http://ameblo.jp/ponkiti-2013/entry-11890660060.html

本物を見抜く目: 三橋貴明、また嘘をつく
http://wondrousjapanforever.blog.fc2.com/blog-entry-293.html





(質問)三橋さんだっていいこと言ってるよ。そこは評価してあげたら?


(答え)私はこの記事の最初で

最重要ポイントは「①正しい情報・興味深い見解 ⇒ ②誤誘導」という「一連の流れ」にある。

と書きました。

「①のみの評価」と「①⇒②の流れの評価」を混同してはなりません。

例えば、結婚詐欺の常習犯に関し、
「優しい言葉をかけてくれた」
「宝石を買ってくれた」
「すごい仕事をしている」
などは評価になりませんよね。
ラポール形成からの誤誘導こそがキモだからです。

同様に「①⇒②の流れ」を批判している人に対し、①の美点のみを強調して反論することがいかに愚かで危険なのか理解してもらえるのではないでしょうか。




(質問)三橋を批判する人は安倍批判の邪魔になるのではないか?

(答え)三橋批判自体が安倍批判を内包するものであり、なぜ安倍のようなのを愛国保守として持ち上げてしまったかという検証になっています。

事実として三橋の「①⇒②の流れ」を批判している人は反安倍でもあります。

三橋や三橋支持者が行う安倍批判や安倍擁護言論人への批判に関して文句を誰も言っていません。それは①である、と言っているだけです。

誤誘導されずに①だけなら文句は言いません。




(質問)誤誘導されたらその時に声をあげればいいのではないか?

(答え)誤誘導されてから声をあげるのと、誤誘導の前に声をあげるのではどちらが効率がいいでしょうか。

ある三橋支持者は「三橋が誤誘導したらその時に三橋ブログのコメント欄で批判すればいい」と言っていました。三橋批判派に対し「陰でコソコソ批判するな」と怒りながら、そのマヌケ理論を推奨してくるのです。

誤誘導されたあとに、コメント欄で遅れて騒ぐ有象無象に三橋と同じぐらいの影響力があると思ってるのでしょうか(苦笑)

私はそんな主張をする人は詐欺の共犯者だと思っています。




(質問)三橋貴明のコメ欄で選挙の時に(三橋の推す赤池ではなく)共産党を支持してた人が、「今は三橋は無害になってる」って言ってたけどどうなの?「今三橋の過去の批判をしてる奴は馬鹿」とブチ切れてたのを見ましたが。

(答え)選挙の時になって共産党支持を言いだすのは自民党工作員ですらすることです。

そんな程度で信用する方がリテラシーがないと言えるでしょう。

「赤池を私は推さなかった。共産党に入れた。」
というのは、自民党支持者だってそういう工作くらいはやります。例をあげますね。

例)有名ネトウヨが共産党支持を煽る
https://twitter.com/KKnagomi2/status/486900257704267777

自民党支持者が表現規制反対派を懐柔(笑)
https://twitter.com/kekeke7/status/351346128245104641 ※さきほどのツイートと比較してみましょう




(質問)三橋貴明の良心に期待したい!もう騙したりしないですよね?

(答え)誤誘導率100%の確信犯であるということを述べてきたわけですが、更生の可能性についてあるのかということですね。

「私は更生の可能性はない」と考えています。

なぜなら売国奴に告ぐという著書があるのですが、増税・TPP・道州制・移民など、彼ら基準で「売国」そのものの安倍内閣に対し、安倍が軒並み推進派だとしっていたくせに「突然変わった」とすっとぼける厚顔無恥に何を期待するのかという点が一点。自分が言ってた「売国」そのものですよ?それでも降ろす気はないそうです。

三橋貴明はなぜ歓喜の涙を流したのか
http://wondrousjapanforever.blog.fc2.com/blog-entry-395.html
※三橋支持者がそっ閉じする話。

また過去の言動をみても、人間性の欠落がみられます。

参考として…
三橋貴明・自民党党本部コスプレ事件
http://seesaawiki.jp/otakukimoi/d/%BB%B0%B6%B6%B5%AE%CC%C0%A1%A6%BC%AB%CC%B1%C5%DE%C5%DE%CB%DC%C9%F4%A5%B3%A5%B9%A5%D7%A5%EC%BB%F6%B7%EF

~~~~~~~~~~~~~~
(上記リンク 引用)

三橋貴明氏・2010年の参議院議員選挙に自民党公認で出馬
         ↓

●選挙期間中にW不倫(三橋貴明は既婚で子供あり、不倫相手の女性も既婚)
●旧宮家、旧華族が選挙応援に来ているのに不倫相手と消える
●支持者がチラシを配ってがんばっている間、不倫女性と遊ぶ
●支持者の献金を不倫女性の雑費に使う?
●日本が生きるか死ぬかの大事な参議院選挙において、女性と不倫。
 4万2千票の有権者を裏切る
●自民党党本部でコスプレパーティをし、エライ人より大目玉。
         ↓
U幹事長がいろいろ忠告するも三橋氏改めず、幹事長辞任
幹事長辞任に関して、三橋陣営がデマメールと言われているものを流す
(笹の葉ラプソディー事件)

~~~~~~~~~~~~~~

選挙中、自分の支援者の集まりの時に不倫相手とバックれるなど、なんだか今の状況に通じてます。支持者を内心バカにしている。人の善意を弄ぶのが詐欺師の詐欺師たる所以です。

自民党の為ならコスプレでもやる男は、愛国者ぶるのも単に「ウケるから」でしょう。今の活動自体が愛国保守のコスプレのようなものです。皮をむけば売国奴。その証拠に「売国」の安倍政権を降ろす気はないと自ら言っています。レームダック化をはかる云々など詭弁。安倍内閣が長期化すればするほど日本は壊され、売られていきます。


三橋の倫理や人間性に期待するのは無理だと考えます。





(質問)もっと簡単にまとめろよ。

(答え)「愛国で釣って売国」
「TPP反対で釣ってTPP推進」
「消費税増税反対で釣って増税推進」
「サブカルで釣って表現規制」

…ネットにおける安倍・麻生支持者の手口は共通。マーケのセグメンテーションの概念を駆使し反対勢力を先に懐柔。安倍支持を煽った人を思い出してください。

https://twitter.com/KKnagomi2/status/486345804878065664


全部「懐柔⇒誤誘導」のワンパターン。

懐柔部分にのみフォーカスしてばかりの連中は
「何がしたいんだよお前」という簡単な話です。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。