トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

カテゴリ:未分類のエントリー一覧

  • スポンサーサイト

  • 稼働中botストック(KKnagomi2)

    twitter @KKnagomi2 のbotストックです。安倍内閣の愛国詐欺がだんだん知られてきました。しかしネット上のプロパガンダはなお猛威をふるっているため、それに関する警告のツイートが多くなっています。この時期の空気感を残そうと思い以下にストックを転載します。この「大惨事」を繰り返してはいけません。まとめ。「愛国で釣って売国」「TPP反対で釣ってTPP推進」「消費税増税反対で釣って増税推進」「サブカルで釣って表現規制...

  • 稼働中bot ストック (2013.8.11)

    「我々が今規制を持っている理由の一つは、過去に搾取があったからです。それらのことが消え去るわけではない。それらは維持すべき種類の規制です。だから、規制のことを考え直すべきです。過去に留まることができないとしても、規制の多くには十分な根拠がある。」スティグリッツ 規制緩和の落とし穴。人間自体を疎外する市場原理主義を終わらせよう。「ノーベル賞を受賞した経済学者のアマルティア・セン氏は、企業の利益や金融...

  • TPPが医療を壊す 全国保険医団体連合会 寺尾正之

    1.国民皆保険制度への影響(1)TPP交渉での医療制度の協議▽2つの分野で協議・政府の薬価の決定プロセスに製薬企業を参加させる(「制度的事項の『透明性』」の章)・医薬品のデータ保護=特許保護の強化(「知的財産」の章)▽TPP交渉を担っている米国通商代表部の対日要求「医薬品アクセス強化のためのTPPでの目標」と「2011年外国貿易障壁報告書」・医薬品の価格決定の透明性を高め、保険償還価格を見直す・外国事業者を含む...

  • 日本の食料・医療・暮らしを考える~自由貿易協定をめぐって 東京大学 鈴木宣弘

    はじめに-水面下で進むTPP交渉参加の既成事実化・現段階は「情報収集のための関係国との事前協議」ではない。国民には知らせずに水面下で譲歩条件(米国の安全・環境基準を満たせばよしとする米国車の輸入台数を設定するなど)を提示して、米国の要求する「入場料」水準(自動車、保険、BSEが3大懸案分野)の詰めが進む。・BSE(狂牛病)に伴う米国産牛肉の輸入制限は、昨年10月の緩和検討の表明から「結論ありき」で着々と食品安全委員...

  • ブログをはじめました。

    このたびブログをはじめました。3.11、グローバリズム、暮らし、政治、経済…などについて(不定期になるとは思いますが)お伝えします。よろしくお願いします。...

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。